有機物分解用バイオ資材、バイオテック・ユーノサにより、生ゴミを10分の1に減容する業務用バイオ式生ゴミ処理機マジックバイオくん

Menu マジックバイオくん トップページ > 生ゴミ処理工程〜マジックバイオくん
バイオ式生ゴミ処理機〜標準タイプ
バイオ式生ゴミ処理機〜A1タイプ
マジックバイオくん処理工程
有機物分解用バイオ資材〜バイオテック・ユーノサ
バイオ式生ゴミ処理機お勧めの理由

バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん処理工程
生ゴミを投入してスイッチオン!
投入する生ゴミ、約50Kg 投入物(生ゴミ)


パン・麺類・ご飯など(炭水化物)
野菜類(繊維質)
肉・魚(タンパク質)
卵の殻・骨(カルシウム)

バイオ式生ゴミ処理機に投入された生ゴミ 稼働パターン設定
        ⇒運転開始


稼働パターン;−
・生ゴミの量 3パターン
・バイオ資材の状態 5パターン
この組合せ(3x5)で稼働時間が変化します。
生ゴミ50Kg投入後、30分経過後の様子
破砕による外形の減容

繊維質以外はほぼ破砕され、投入したほとんどの生ゴミが視認出来ないほどの大きさに。撹拌機内の温度が上昇し、少しずつ蒸気が発生し始めます。
特許取得の撹拌、破砕メカニズム 特許取得の撹拌・破砕メカニズム

ステンレス製のブレード(刃)が回転し、生ゴミを破砕。回転軸に対するブレードの取り付け角度がそれぞれに異なることで、生ゴミのより細かな破砕と撹拌を実現しました。
※[特許第3041620号]
60分経過
成分(
有機物)の
      発酵分解開始
 

バイオテック・ユーノサによる発酵分解が活発化します。生ゴミに含まれる水分も次々に蒸発し、炭素ガスと共に大気中に放出されます。

水蒸気、炭酸ガス⇒大気中へ還元

カルシウム分など、無機質成分は残渣として撹拌機に蓄積されていきます。
 
発酵分解完了  
発酵分解完了
 

数時間で発酵分解が完了します。生ゴミの投入は原則として1日に1回です。

※投入する生ゴミの量や状態(成分、含水率など)や機種によって処理時間は変化します。  

  ホームマジックバイオ−標準タイプマジックバイオ−A1タイプ会社概要問合せ
  Copyright (C) FUSO Co.,Ltd All Rights Reserved